酵素ダイエット食品のタイプ

ベジーデル脱ぽっちゃりスクールサプリメントを併用するのが手軽で効果も高いのでお勧めですが、サプリメントには様々な形状があります。現在流通しているサプリメントの形状には錠剤(タブレット)、カプセル、ソフトカプセル、粉末状、顆粒状、液体(ドリンクタイプ)などがあります。それぞれの形状には長所と短所がありますのでどういった酵素ダイエットサプリメントが自分に合っているかを考える必要があります。液体(ドリンクタイプ)以外のものは携帯性に優れているので職場や旅行等にも気楽に持ち歩く事が出来ます。ただし錠剤や顆粒、粉末状のものは製造過程で圧縮熱が加わり、熱に弱い消化酵素にとって好ましい形状とは言えません。カプセルも中身は粉末や顆粒状のものですので条件は同じです。最近は出来るだけ酵素を壊さない形で錠剤や粉末にする技術も開発されていますが、製造コストがかかってしまいます。コスト面で問題があるのはソフトカプセルも同様ですし、中身が液体ですので、長期保存が難しいというデメリットがあります。酵素ダイエットサプリとして最も理にかなった形状は液体(ドリンクタイプ)ですが、こちらは先に挙げたように携帯性や保存性の問題があります。


発酵食品を酵素ダイエットに取り入れる

発酵食品は微生物の働きで原料となる食材のタンパク質や脂質、糖質を分解、再合成して体にとって有効な栄養素や旨味が凝縮された非常に優れた栄養食品です。また発酵食品にも消化酵素は沢山含まれています。したがって日常の食生活に発酵食品を積極的に取り入れる事でも効果的な酵素ダイエットが可能となります。長期熟成された発酵食品であれば既に体内に吸収されやすい物質に変化している栄養素も多く、そのまま加熱して酵素の働きが停止しても体内へ吸収はスムーズに行われます。また納豆菌や乳酸菌などは腸内の悪玉菌をやっつけてくれるので酵素との相乗効果で更にダイエット効果が高まる事が期待されます。1日3度の食事には必ず一品以上発酵食品を加える事で更に酵素ダイエットの成功率が上昇すると言えるでしょう。ただし、発酵食品は保存性を上げるために塩分が高いものが多いので食べ過ぎには注意が必要です。